出会い系サイトのランキング
LOVE
LOVEのバナー
今話題の出会える出会い系サイト
LOVEを一言でまとめると「健全な運営実績のある出会い系サイト」と言えます。どの口コミを見てみてもサイトの機能が使いやすく、パートナーが見つけやすいと非常に満足している方が多いですね。
もう自分の色恋沙汰に後悔をしたくありません。良い人呼ばわりされるのはもうコリゴリ・・・私の気持ち受け取ってくれるエッチな男性が現れると良いな。
詳細はこちら
愛カツ
愛カツのバナー
地域別で選択できるから早い
愛カツは知名度があり、会員の数が日々増加しています。利用者の口コミでも良好ですが、ときどきひやかしのユーザーもいるみたいなので注意は必要です。 気軽な関係から始めたいという女性も多いのメル友からがおすすめ!
Hなオジサマ!一夜の冒険をしませんか?大人のお付き合い希望します!未婚ですけど、東京に婚約者がいるので、秘密厳守で!体の寂しさを慰めてくれる、セフレ募集です。
詳細はこちら

松江女性との出会い恋愛


結婚とは、その人と一生をともにすることを神の前に誓う、儀式的な契約です。結婚をしたあとは、簡単なことでは離婚は許されず、そのパートナー以外の人と関係を持つことは、かたく禁じられます。もし、不倫という行為に及んで、それがばれてしまったら、重く苦しいペナルティを科されることになります。

けれども人は、不倫をせずにはいられない。それがもしかすると、自分の人生を終わらせるかもしれないことだとわかっていても、です。では、そういう人々は、どうして不倫をするのでしょうか。

考えが甘かった

大学生カップルが、社会人になると同時に結婚する。そのような例は多数ありますが、その多くのカップルが、結婚に対して甘い考えを持っています。まず、自分の恋愛感情が不変であると思い込んでいるということ。この人のことをこんなに好きなのだから、結婚したって何も問題はないだろう。そんなふうな考えで結婚すると、必ず失敗します。

その人は過去に失恋した経験はないのでしょうか。人の気持ちというものは、ちょっとしたきっかけで180度変わってしまうもの。本当にこの人とずっとやっていけるのか、この人の髪の毛が薄くなって皺が増えておなかが出てきても、変わらず愛することができるのか。本来は、結婚する前に、それらのことについて冷静に考えるべきなのです。でも、熱に浮かされた若いカップルは、あるいはそれを考えるだけの脳みそを持たないカップルは、後先考えずに結婚してしまうのです。

そうした結婚は、必ず「後悔」をもたらします。どうしてあのときよく考えなかったんだろう、もしかしたらもっと良い人が他にいたかもしれない。その後悔こそが、彼ら彼女らを不倫に走らせる理由です。現実逃避といえますが、本当に新しい人を探している方もいます。後者に巻き込まれるのは、ちょっと厄介ですね。

セックスがしたい!

しかし、長い期間考えて、話し合い、同意と相応の覚悟のもとになされた結婚であっても、そのどちらかが、後悔をしたり、欲求不満に陥ってしまったりすることはあります。

たとえば、どんなカップルにもマンネリというものはあるはずです。同じ人を相手にしているわけですから、デートコースも大体相場が決まっていますし、そうなると新しい刺激もない。そんな付き合いを続けていれば、だんだん相手に飽きてきてしまいます。

もちろん、夫婦も例外ではありません。それは多くの場合、セックスレスという形で顕現します。セックスを拒否している側は、まったく平気な顔をしていられますが、されている側は欲求不満に悩まされます。そしていずれ、我慢しきれなくなって、他に相手を探してしまうんですね。

ばれない不倫をするためには、相手選びも大切!

不倫がばれてしまったら、人生が終わるといっても過言ではありません。パートナー以外の人と関係を持とうとするのなら、ばれない方法というのを考えなければなりませんね。パートナーの前で携帯電話を使わない、不倫相手に車での送迎はしてもらわない、などといったこともそうですが、不倫相手の選び方もまた大切です。

結論から言ってしまえば、不倫相手には既婚者が適しています。もし、その不倫がパートナーの知るところとなれば、慰謝料の請求額は倍に膨らみますが、そもそも不倫はばれないことを前提にするものなので、失敗したときのことを考えても仕方がないでしょう。では、どうして既婚者が適しているといえるのか。この記事ではそれをみていきます。

未婚者はどうか

なるべく既婚者を選んだほうががいいとはいえ、結局のところその人の性格が、不倫を秘密にできるかどうかに関わってきます。未婚者であっても、口の堅い人であれば問題はないのです。しかし、多くの人が――それが男性ならなおさら――誰々と関係を持ったということを話してしまいます。

たとえば、友人男性がこんな話をしていたとしたら、みなさんはどう思われますか?

「実は最近、人妻とセックスしててさ・・・」

たぶん、ほとんどの人が、「あぁこの人は自慢がしたいんだな」と思うのではないでしょうか。実際、そうした話はすべてが自慢であり、本人もそのつもりで周りに聞かせているのです。不倫という事実が、ある種の自慢になってしまう。未婚者を相手にしたときのリスクは、ここにあるんですね。

口の軽くない男性であっても、自分にまつわる武勇伝があれば、少なくとも特に親しい友人には話してみたくなるものでしょう。しかし、もしその友人というのが、不倫をする人、あるいはされている人の知人であったりすれば、そこから不倫がばれてしまいます。こういったリスクが常にあるため、未婚者は不倫相手にはあまり向かないのです。

既婚者なら

でも、既婚者であれば、その心配はありません。相手が既婚者なら、不倫が露見するということは、あなただけでなく、その相手の身の破滅をも意味します。向こうも、家族だったり、仕事だったり、失いたくないものはたくさんあるはずです。そのため、不倫をしていることを自慢話として語ったりなどということは、絶対にないんですね。自分の人生を左右することなのですから、軽々しく口にしたりはしません。